maiのおうちblog 〜simple life〜

インテリア/収納/掃除/.....時々料理

【結婚記念日】ちょっと真面目な話。

先月、8年目の結婚記念日を迎えました。

simplelife-33.hatenablog.com

↑この記事にもチラッと書きましたが、もしかしたらアクセサリーをプレゼントしてもらえるかな~なんて期待してたんですが、予想通り釣りへ行きました-(。ノᗨ<。)ノ))🎣

f:id:simplelife_33:20210829120143j:image

‬今年で結婚8年目...。付き合った期間をプラスすると一緒に過ごしてきた期間は長いので、考えている事は手に取るようにわかります。...が!!逆に私の性格を知っているからこそ、手のひらで転がされているのかもしれませんね(笑)

そんな旦那さんとはバツイチ同士の再婚です。大変な事も沢山ありますし、喧嘩も沢山しました^^; 「離婚した方がいいかもしれない」と言ったこともあります。ただ、本気で離婚を考えた事はないし、心から旦那さんと再婚して良かったと思っています。

幼少期の話になりますが、物心つく前から両親が離婚していて母はいなく、5歳まで長崎で暮らす祖母に育ててもらいました。漫画に出てくるような意地悪婆さんだったらしく近所でも嫌われていたそうですが、私の中には優しい祖母しか残っていません。「まいちゃんこっちこんね」といつも抱きしめてくれた祖母。

そんな祖母も私を1人で育てていたせいか体調を崩し、5歳から中学生まで養護施設で育ちました。大人が思っている以上に傷つき、自分の思いと目に見える光景の違いに苦しみ、その中で色んな人生を歩む子供たちを見て学んで、葛藤の中生きてきました。それでも子は親を愛しているんです。

思春期の時期に父と義理母と住み始めましたが、私から歩み寄る事が出来ず、16歳で寮のある美容会社に就職しました。自分で言うのもなんですが波乱万丈の人生です。

そんな人生だったので、人付き合いも下手ですし、気持ちを伝える事も苦手です。なので誰かを幸せにするどころか、自分を幸せにする事すら出来ないだろうと思っていました。

でも娘を出産。本当に幸せな瞬間でした。

「私の子供として産まれてくれてありがとう」そう思った時、きっと母もこの瞬間だけはそう思ってくれたのかな?そうじゃなかったとしても、娘と親子になれた奇跡は、紛れもなく母と父のおかげだと感謝する事が出来ました。

母にも会った事がないですし、父には新しい家族があるので直接は言えませんが「産んでくれてありがとう」と心から思っています。

さらに感謝すべきが、そんな私に最高の家族を築いてくれた旦那さんです。私の人生を理解してくれ、子育てに疾駆八苦している私に、「家族の大切さを教えてくれてありがとう」と言ってくれました。

f:id:simplelife_33:20210903101455j:image

私以上に不器用な人ですが、いつでも子供たちを1番に考え、長男・次男・三男・長女、そしてみんなを結びつけてくれた末っ子、孫4人を本当に大切にしてくれます。

f:id:simplelife_33:20210903105727j:image

10代の頃「大切にしてもらいたかったらまずは自分が周りを大切にしなさい!」..そう父から教わった時は、どうしても理解できなかったけど今は父の言葉が理解できます。娘を大切にしてくれるから、私も旦那さんの子供達を大切にしたい....、息子たちを大切にしてくれるから、娘を大切にしたい。お互い思いやりのあげっこなんですね。もちろん、子供たちからしたら私が抱いていた気持ちと同じように思う事は沢山いると思いますが、どんな事でも受け止めようと思っています。

子育てや仕事など、忙しい毎日を送っていると、目の前にあることだけで頭がいっぱいになってしまい、大切な事を忘れてしまいがちですが、人生はいつか必ず終わりがきます。

それが玄関を開け、家を出た時かもしれません。どんな時でも後悔がないように感謝し、また1年一緒に居れたら幸せだと思います。

ちょっとお昼から真面目で重い話になってしまいましたね💦ごめんなさい。

そして自己満ブログにお付き合いして頂きありがとうございます!